積立投資で最も成功する人とは?

積立投資で最も成功するのはどの様な人でしょうか?

運用会社のフィデリティは、2003年から2013年の間に、顧客のパフォーマンスを調べました。

その結果、興味深い事実が明らかになりました。

まず、最も成績が良かった人たちは、お亡くなりになられた人でした。

そして、次に成績が良かった人は、フィデリティで運用しているのを忘れている人達でした。

参考:Fidelity Reviewed Which Investors Did Best And What They Found Was Hilarious

これらの事実が、何を意味するのでしょう?

答えは、「積立投資はなるべく放ったらかしにしておくのが望ましい」ということです。

短期的な相場変動に一喜一憂するのではなく、長期的な目標に向かって、淡々と続けるのが成功への近道です。

“急がば回れ”ではないですが、“増やしたければ忘れろ”ということでしょうか。

どうしても投資家はすぐに怖がってしまいます。

そして、余計な売買をしてしまいがちです。

それが結果として、パフォーマンスを下げる要因になります。

マーケットが上がっても投資家は儲かっていない①:ダルバーの調査

マーケットが上がっても投資家は儲かっていない②:ブラックロックのリサーチ

マーケットが上がっても投資家は儲かってない③:openfolioのユーザー調査

マーケットが上がっても投資家は儲かってない④:アライアンスバーンスタインのリサーチ

積立投資できちんとした成果を上げるには、「放ったらかし」にしておく力、ある種の「鈍感力」も重要なのです。

積立投資の継続は「言うは易し、行うは難し」です。

積立投資を始める時に、自分の刹那的な感情に左右されない為に、自分の目的・目標などを紙等に書いて、時間が経過した後にいつでも再確認できるようにしておきましょう。

また、積立投資をする仲間を持つのも大切です。

運用商品のコストがいくら安くても、続けられなければ「量」は貯まりません。

その時々の自分の感情に振り回されないように、落ち着いて積立投資を続けられる対策を施しておきましょう!

多くの人は「量」の視点を持ってないから教えてあげよう!

もう一つ、積立投資を続ける為に重要なことがあります。

それは「量」の視点です。

「量」の視点があれば、下落時も安心出来ますし、「下落を量を買い込むチャンス」と前向きに捉えることが出来るので、相場下落時も積立投資を続けやすいくなります。

しかし、ほとんどの日本人は、「量」の視点を持っていません。

金融業界が「平均買い付け単価」の説明ばかりしていて、「量」の説明をして来なかったからです。

それゆえ「下がったら損をする」と誤解しています。

あなたの周りのお友達・同僚・ご家族が、相場下落時に安心して続けられる様に、積立投資の「量」の視点を教えてあげましょう!

【プロ向けメッセージ】お客様に積立投資を正しく伝えよう!質と志の高いドルコストの伝道師を増やそう!

これまで、金融業界(証券会社の数値銀行等の数値)は全くと言っていいほど積立投資を推進してきませんでした。

まだまだドルコストの伝道師、ドルコストのアドバイザーは不足しています。

質と志の高いドルコストの伝道師が1人生まれたら、数十〜数百のご家庭にドルコストが広がります。

それだけ将来お金に困る人を減らすことに繋がります。

ドルコストの伝道師を増やして、将来お金で困る人を1人でも減らしましょう!

ドルコストを伝える時に、百害あって一利無しの古い「平均買い付け単価」の説明は辞めて、「投資の成績=量×価格」で正しく説明しましょう!

ドルコスト平均法ゲームを使えば、ドルコスト平均法の特徴やリスクを、誰でも簡単に、わかりやすく、興味深く説明できます。

ドルコスト平均法検定を受験して、プロとして正しく説明できる人材になりましょう。

ドルコスト平均法検定に合格すると、ドルコスト平均法アドバイザーとして認定されます。

金融庁は「つみたてNISA」、厚生労働省は「iDeCo」をそれぞれ普及しようと取り組んでいます。

ドルコストの啓蒙・普及と、ドルコストを正しく説明できる人材の育成は、「長い老後の資金不足」という日本の社会的課題を解決する社会貢献活動です。

皆さんの同僚にもドルコストを誤解している人が大勢います。

志と質の高いドルコストの伝道師を育成し、ドルコスト社会を実現しましょう!

ドルコスト協会の入会もお待ちしています。

ドルコスト平均法協会は、質と志の高い積立投資のアドバイザーを育成し、積立投資を啓蒙する団体です。
お客様の為に、積立投資をお客様に伝えたいFP・IFA・保険代理店・金融業界関係者の方のご入会をお待ちしています。

ドルコスト平均法協会のHPはコチラ